鰆(サワラ)の旬の時期って冬なの?春なの?どっち?

鰆の画像

魚にはそれぞれ旬な時期があります。最近は冷凍されている魚も多いので、あまり旬の時期がわかりにくくなっているかもしれませんね。

しかし、旬の魚はとても美味しく栄養価も高いのです。さらに旬な魚はスーパーで安く売られるので、その時期を逃さずに美味しくいただきたいですね。

ここは、鰆の旬の時期について考えたいと思います。鰆の旬は「冬」「春」であると言われているのです。本当はどっちなのでしょうか。

鰆鰆(サワラ)は妊婦は食べても大丈夫なの?注意すべきこととは?  

スポンサーリンク

サワラの旬が春だという人は関西の人が多い?その理由とは?

鰆

鰆は、「魚へんに春」と書く感じなので、まさに春が旬の魚というイメージがあります。関西では鰆の旬は春だという人が多いです。

その理由は、関西では春に鰆がたくさん獲れるからです。

5月頃になると卵を産むための鰆が瀬戸内海に大量に集まるのです。

関西の人たちは、この時期に瀬戸内海で獲れる鰆を食べることが多いのです。魚卵や白子も一緒に食されてきました。

鰆が大量に獲れるということで春が旬とされているのですね。

サワラの旬が冬だという人は関東の人が多い?その理由とは?

関東では、鰆の旬は冬という人が多いです。その理由は味の違いにあります。関東の人には、産卵期の前の脂ののった鰆が好まれてきたのです。

産卵期の鰆の場合には、卵や白子に栄養がいくので、身自体の味はどうしても落ちてしまいます。

しかし産卵期前の鰆の場合には、身自体にたっぷりの栄養があり美味しさがあります。

さらに寒さから身を守るために脂肪をたくさんつけているので、脂がたっぷりのっているのです。このような寒鰆は、高級魚として扱われるほどの美味しさがあります。

そして寒鰆が採れるのが12月~2月の冬の時期。関東では脂ののった鰆が人気なので、鰆の旬は冬とされてきたのです。

ユミ

関西は白子なども総合して美味しい時期の春が旬、関東は身が脂が乗っている冬が旬という考え方が多いようですね。

 

結局どっちが旬なの?私の見解は?

鰆の旬は、大量に獲れる春、美味しい寒鰆が採れる冬、の両方であることがわかりました。でも、やはり「旬」は1つの時期に絞りたいですよね。

私の見解は鰆の旬は冬です。

魚にしても野菜にしても、一番美味しい時期が「旬」ですよね。脂がのってとろけるような鰆を味わえる冬こそが、鰆の旬であるべきでしょう。

スポンサーリンク

新鮮なサワラの見分け方はどうすればいいの?

鰆

魚を買う時には新鮮なものを選びたいものです。鰆の新鮮さを見分ける方法をご紹介しましょう。

スーパーで売られている鰆は切り身か刺身ですよね。

どちらの場合もチェックしたいのは「血合いの色」「身の色」です。

血合いの色は、鮮やかな赤色であると鮮度が高くなります。黒味を帯びてきているものは避けましょう。

身の色は、薄いピンク色から白色が新鮮です。透明感のあるものを選びましょう。

切り身の場合には、背の色もチェックしてください。鰆には斑点があるのですが、鮮やかな斑点のものを選びましょう。

また、身が引き締まっていることも鮮度が高い証拠です。身が割れている状態のものは、古くなってきている可能性があります。

鰆がたくさん獲れる地域はどこ?

調べる女性

鰆は関西、関東で旬の時期が違うことがわかりました。それでは、一番鰆の漁獲量が多いのはどの地域なのでしょうか。

都道府県別の鰆の漁獲量を調べてみたところ、1位は福井県、2位は石川県、3位は京都府となっていました。

比較的日本海側の県で多く獲れるという結果でした。

また京都と言えば、「鰆の西京焼き」が有名ですよね。京都で作られてる西京味噌で漬けた鰆は絶品です。京都ではおなじみの魚なのですね。

一方北海道では、スーパーで鰆が売っていることはほとんどありません。

鰆を知らない方もいるほどです。北海道の漁獲量は39位となっており、鰆を食べる習慣があまりないことがわかりました。

あとがき

ここでは、鰆の旬の時期について考えてきました。

春という説、冬という説があるのですが、たくさん獲れる時期と、美味しい時期によるものでした。

私はやはり冬の脂のたっぷりのった鰆が好きなので、鰆の旬は冬ということにしたいです。

みなさんの地域では、いつの時期に多く鰆を食べますか?スーパーに行った時にチェックしてみてくださいね。

鰆鰆(サワラ)の保存期間はどのぐらい保つ?日持ちさせるコツは? 鰆鰆(サワラ)は出世魚なの?ワラサは同じ種類の魚?違いはある?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください