鰆(サワラ)は出世魚なの?ワラサは同じ種類の魚?違いはある?

鰆

「サゴシ」という魚をスーパーで見つけたことはありませんか?とても安く売っていることが多く、「どんな魚なんだろう?」と疑問に思ったことがあるかもしれません。

実はサゴシは、サワラと同じ魚です。鰆は出世魚であり、サワラは小さい時にはサゴシと呼ばれているのです。

ここでは、鰆が出世魚であることについてお話していきたいと思います。

鰆の画像鰆を英語で何というか調べたらよくわからない事に・・・  

Sponsored Link

サワラは出世魚?どういう風に呼び名は変わるの?

鰆

サゴシ

鰆は成長する過程で名前が変わっていく出世魚です。

40~50cmの大きさの時には「サゴシ」と呼ばれます。漢字では「青箭魚」と書きます。

「箭」は「矢」を意味する感じなので、「青く矢のような魚」という意味ですね。サゴシの見た目からつけられた名前なのでしょう。

サゴシは、スーパーで買うことができます。しかも鰆よりもとても安く売っている嬉しい魚なのです。

常に魚コーナーに置いてあるわけではありませんが、見つけた時にはぜひ手に取ってみてくださいね。

サゴシは鰆以上に淡白であっさりした味が特徴です。くせがないので、色々な料理にアレンジできます。

定番レシピは、バターソテーやムニエル、唐揚げや竜田揚げなどです。

ナギ

サゴシの後に50~60cmに成長すると「ナギ」と呼ばれるようになります。

ナギはスーパーで売られていることはほとんどありません。鰆とほぼ同じサイズなので、見分けるのが難しいですね。

サワラ

ナギの後に60cm以上になると「サワラ」と呼ばれるようになります。ちなみに、鰆は全長115cmになることもあるんだそうです。

サワラは細長い体をしているため、「狭い腹」が「狭腹」=「サワラ」となった説が有力です。

サワラは「細い矢」「狭い腹」と言われ、昔から細長い魚として認識されていたのですね。

Sponsored Link

サワラとワラサって何か関係があるの?見分け方は?

ワラサ

サワラと間違えやすい魚として「ワラサ」があります。サゴシのように、これもサワラの他の呼び方だと思っている方も多いでしょう。

ワラサは実は、出世魚として有名な「ブリ」の小さい時の名前なのです。サワラとワラサは全く別の魚なのですね。

ちなみに、ブリは鰆以上に名前がたくさんある珍しい出世魚です。覚えておくと便利なので、ここでご紹介したいと思います。

ブリの難しいところは、大きさにより呼び方が変わるだけでなく、地方ごとに呼び方が変わるところなんです。

関東では、ワカシ(30cm未満)→イナダ(40cm~60cm)→ワラサ(70cm~80cm)→ブリ(80cm以上)となります。これならなんとか覚えられそうですね。

関西では、ワカナ(20cm未満)→ツバス(30cm~40cm)→ハマチ(60cm未満)→メジロ(70cm~80cm)→ブリ(80cm)となります。さらに新しい名前が増えて混乱してきました。

関東ではハマチと呼ぶことはないのですね。

さらに関西の一部の地域では稚魚をモジャコと呼んだり、30cmの時にイナダやユズクラ、ショウジンコと呼ぶ地域もあります。

これだけの名前を持っているブリってすごいですね。全部覚えるのは無理そうです。

鰤鰤(ブリ)とハマチとカンパチの違いは?全部同じ種類の魚なの?

どうして出世魚というの?

考える女性

出世魚というのは日本ならではの概念です。外国人は、成長過程の魚を「大きい」「小さい」でしか表現しません。

出世魚は、江戸時代の習慣と関係しているのです。

江戸時代には、武士や学者は出世するたびに名前が変わっていました。現在のように役職名が変わるのではなく、名前そのものが変わっていたのですね。

これにより、成長するにつれて名前が変わる魚のことを、出世魚と呼ぶようになったのです。

出世魚は、「出世できる」縁起が良い魚ということで、お祝いの料理などに使われることも多いです。

あとがき

出世魚と言うのは、日本ならではのユニークなものですよね。鰆も出世魚の一つです。

サゴシ→ナギ→サワラと名前が変わることを覚えておきたいですね。スーパーでサゴシを見つけた時には、鰆との味の違いを楽しんでみるのも良いですね。

魚の名前をたくさん知っておくと、料理の幅が広がるでしょう。

鰆の刺身鰆を刺し身で食べると寄生虫のアニサキスが怖い? 鰆鰆(サワラ)って青魚なの?それとも白身魚なの?どっち?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください