春菊の保存方法は?日持ちさせるコツはあるの?

春菊

春菊は独特な香りとシャキシャキとした書簡が魅力的な食材となっています。おひたしや鍋を始め、色の鮮やかさが料理の見た目を華やかにしてくれますよね。

さて、春菊を購入された時、どのように保存されていらっしゃいますか。春菊の保存方法や保存期間を知らないで保存している方も多いと思われます。

そこで今回は【春菊の保存方法とは?】【春菊を日持ちさせるコツはあるの?】についてご紹介致します。

▶ 春菊は栄養価が高いけれど食べ過ぎると体に悪いって本当?

スポンサードリンク

春菊の保存期間はどれくらい?

ポイント

常温だと?

春菊は常温可能な食材です。しかし、気温の高さにより萎れ方が異なります。

【夏場のように室温が高い時期は1日、【春秋といった時期は2日】、【冬の寒さで室温が低い時は3日】の常温保存が可能となります。

常温で保存させる場合は、風通しの良い場所や濡らした新聞紙やキッチンペーパーで茎を包む事、横にしないで立てておく事が大切です。

冷蔵だと?

旬極を冷蔵庫で保存させる方が多いと思われますが、冷蔵保存だと【5日程】の保存が可能です。しかし、これはしっかりとした保存方法での保存期間となります。

まず春菊を購入すると、袋に入っている状態がほとんどですよね。

この袋にいれた状態で保存させてしまうと、中に水分が発生し、匂いや萎れの原因に繋がってしまいます。

さらに春菊が他の野菜と一緒にギュウギュウ詰めになると傷みがたやくなってしまいます。

その為、購入したら袋から取り出す事、コップや空きペットボトルに入れ、野菜室などではなく、ドアポケットに立てて入れる事がオススメとなります。

この方法であれば、5日程の保存が可能となります。

冷凍だと?

春菊は冷凍保存させると【3日程】の保存が可能となります。ただ、冷凍すると解凍時にビチャビチャになってしまい、あまりおススメな方法ではありません。

スポンサードリンク

春菊を日持ちさせるコツはあるの?

悩む

旬極をもっと日持ちさせたいという方も多くいらっしゃいますよね。そんな方にオススメな方法があります。

それは【冷凍】です。しかし、春菊をそのまま冷凍するのではありません。

まず、適当な大きさにカットします。そして、やや固さが残る30秒程さっと茹で上げます。

しっかりと水気を絞り、ラップに包んで密閉性の高い袋に入れる事で【1カ月程】の冷凍保存が可能となります。

茹で上げた春菊は、冷蔵保存だと【5日程】は保存可能となります。ただ茹で上げた春菊を冷凍保存し、解凍すると食感が衰えてしまいます。

春菊の冷蔵は丸々保存したほうが日持ちする!

春菊は冷蔵保存が最もよい保存方法と考えられます。しかし、使い易さを考慮し、カットしてから冷蔵保存される方もいらっしゃいますよね。

春菊は乾燥しやすい食材の一つとなっています。

乾燥しやすい上、カットした部分から水分が抜けてしまうので、みずみずしさが失われてしまいます。春菊は使用前にカットする事がオススメとなります。

あとがき

春菊はさまざまな方法で保存が可能となっています。

しかし、保存環境によって保存方法が異なってきますので、春菊の鮮度や美味しさが保てる保存を心掛けてみてください。

▶ すき焼きに春菊って必要なの?入っている意味を考えてみた
▶ 春菊の苦味は調理法で消せる!子供の春菊嫌いもこれで治せる?
▶ 春菊は実は生で食べられる野菜!サラダにオススメなわけとは?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください