Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

なすの保存方法と期間、冷凍と常温どちらが日持ちする?

ナスの画像

「なすを大量に手に入れてしまった保蔵方法どうしよう」

野菜の保存方法って難しいですよね?常温で置いておいて問題ないものもあれば冷蔵庫に入れたほうがいいもの、また冷凍した方がいいものもあります。

今回はナスの日持ちする保存方法について記事にまとめてみました。

スポンサードリンク

なすの常温保存と冷蔵保存はどのぐらいの期間保つ?

考える女性

なすは常温で3日、冷蔵庫(野菜室)で1週間程度の保存が効きます。

なすの適温はだいたい10℃-15℃です。なすは夏野菜ですので夏場なんかは常温で保存しておいても暑いのであんまりよくありません。そして冷蔵庫はもっと温度低いです。温度が低いのにもなすは弱い野菜だったりします。

こう考えると結構足が速い野菜と考えていいですね。すぐに調理したりしないとすぐに萎れてしまったりブヨブヨになってしまうので気をつけましょう。

野菜室に入れておいても1週間程度しか保ちません。私は結構野菜を買ったまま野菜室で忘れてしまい傷ませてしまうことが多いですが、なすも結構傷ませてしまいます。

「切ったナスはどのぐらい保つの?」

輪切りなどにして切ったナスはその断面が数時間で黒ずんでしまいます。黒ずんだら鮮度がかなり落ちてしまいますので調理する直前に切ることが好ましいです。

「切ったナスは水につけておけば日持ちするというのは本当?」

切ったナスは薄い酢水や塩水につけて冷蔵庫に保存しておくと1日程度の保存は効きます。しかし切る前の方が保存は効きますので1週間程度で使い切る場合は切らずに野菜室に保存しておきましょう。

スポンサードリンク

長期保存する方法は冷凍保存!

ナスの画像

なすは冷凍すると1ヶ月程度保存することができます。

茄子は冷凍保存が効く野菜だったりします。長期保存を考えているなら冷凍庫に入れて保存するのが好ましいですね。

ただ保存方法はそのまま丸々冷凍庫に入れるのではなく、きれいに洗って切って水気を切ってからジップロック等に入れましょう。

なすが腐っていたり傷んでいたりする見分け方は?

「このなす食べられるのかな?」

冷蔵庫や常温で保存していたなす。何か微妙に傷んでいる気がするけれど勿体無い。食べられるのかそれとも食べたらお腹を壊してしまうのか微妙な時ってあると思います。

こんな状態の茄子ならまだ食べても大丈夫。こんな茄子は傷んでいるから捨てるべきの判断基準はどうすればいいでしょうか?

「切った時に種の周りが黒い」「切った時に白い部分が変色してちょっと茶色くなっている」程度なら食べてもお腹は壊しません。ただし鮮度は落ちているので美味しいとは言えないかもしれませんが。

「カビっぽいのが生えている」「触ってみてぐにゃぐにゃしている」「匂いが変」「表面がぬめっている」場合は傷んでいます。諦めて捨てるのが無難でしょう。

まとめ

なすはあんまり日持ちしない野菜ということがわかりました。たくさん買い込まないで消費する分だけにするほうがいいですね。

たくさん手に入れてしまった場合は冷凍庫に入れておきましょう。葉物の野菜は冷凍すると逆に食べられる状態ではなくなるものが多いですが、茄子は冷凍保存が効くようです。

▶ なすとなすびの違いについて徹底的に調べてみた

スポンサードリンク