Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

暑中見舞いをメールで返信?ビジネスや友人向けの文例は?

     暑中見舞い

暑中見舞いの画像

  • 暑中見舞いをメールで書く時に気をつけることはどんなことだろうか?
  • 暑中見舞いをはがきでもらったけれどメールで返すのはOK?
  • 暑中見舞いの返信をする時にどういうことに気をつければいいのだろうか?
  • メールで書く暑中見舞いの文例ってどんなのがあるの?

昔ははがきで送るのが一般的だった暑中見舞いですが、今ではメールで送ることも少なくありません。メールだからこそ気をつけたい暑中見舞いのマナーなども結構あります。

今回はメールでの注意点や、友人や個人宛、ビジネス用の暑中見舞いの文例などをまとめてみました。

▶ 暑中見舞いの文章の書き方は?ビジネスで使える例文はこれ!(はがき用)

スポンサードリンク

 

暑中見舞いをメールで書く時に注意すること

ビジネスのマナー

上司・年配の方はメールで暑中見舞いを嫌がる人もいる

暑中見舞いをはがきを送らずにメールですます人はとても多いと思います。それが時代の流れなのですが、古い人間はメールで暑中見舞いを送られると軽く扱われたと毛嫌う人も中にはいます。

普段からあまりメールを使わない、メールのやり取りをしない相手にメールで暑中見舞いを送るのは少し配慮が足りない行為と思われても仕方がありません。

こういう相手にはきちんとはがきで暑中見舞いを出すのが無難だと思います。

題名は気をつける

最近は迷惑メールが多くなっています。曖昧な題名だったりすると迷惑フォルダに格納されてしまう恐れもあります。こういうことがないように、題名はしっかり書きましょう。

題名:◯◯より 暑中お見舞い

のように、わかりやすい題名を記す必要がありますね。特に自分の名前を入れることが大事ですね。

機種依存文字などは使わない

ビジネスでは使うことは無いと思いますが、友人宛に暑中見舞いを送る時に絵文字などの機種依存文字は使わないように心がけましょう。

自分の環境下だとしっかり表示されていても、友人に届いた時に文字化けしている事があります。装飾をしたい気持ちはわかりますが、極力しないようにしましょう。

メールで返信するときの注意点

はがきや封書で届いた暑中見舞いに対してメールで返信するのはマナー違反

確かにメールのほうが手間がかからないで気楽に暑中見舞いの返信ができるのはわかるのですが、マナー違反です。書面で届いた場合はきちんと書面で返す事が大事です。

題名をRe:で返信するのもマナー違反

相手がメールで暑中見舞いを出してきたメールの返信として『Re:◯◯ 暑中見舞い』のような題名で返すのはマナー違反だと思います。きちんと題名を付け直して返信しましょう。

こういう細かいところに気をつけられない人は出世しないと思います。

スポンサードリンク

 

メールで送る暑中見舞いの文例

友人宛用の文例

題名:◯◯より 暑中お見舞い

本文:

暑中お見舞い申し上げます。

今年の夏も例年通り、暑い日々が続きますがお元気で過ごしていますか。
私は夏の暑さに負けぬように夏バテ防止対策を心がけて暮らしています。
夏季休暇中に帰省する予定ですので時間があえば久しぶりに会いましょう。
それではお互い暑さに負けぬようにこの夏を乗り切っていきましょう。

平成28年 盛夏

本名

友人宛用ですので特に気をつける点はあまりありません。暑中見舞いの文の組み立てとして、

  1. 暑中お見舞い申し上げます
  2. 時候の挨拶+安否を気遣う挨拶
  3. 自分の近況や相手に伝えたいこと
  4. 結びの挨拶
  5. 日付

この順番を意識しておけば後はあまりかしこまる必要もなく、気楽に書いて問題ないと思います。

ビジネス用の文例

題名:【◯◯株式会社 ◯◯より】暑中お見舞い申し上げます

本文:
△△株式会社
△△△△部長 △△様

暑中お見舞い申し上げます。
猛暑の候、貴社におかれましてはますますのご繁栄のことと存じます。
平素は、格別のご厚情をいただき心よりお礼申し上げます。
弊社が、順調な業績をあげられるのも、貴社のお陰と感謝いたしておる次第です。
これまで同様よろしくお願いいたします。
ご多忙中とは存じますが、暑さに負けぬように健康には気をつけてお過ごしください。

メールにて失礼いたしました。

平成28年 盛夏

本名

といった感じでしょうか。本文の書く内容としましては、

  1. 相手先
  2. 暑中お見舞い申し上げます
  3. 時候の挨拶、安否を気遣う挨拶
  4. 日頃の感謝の挨拶
  5. 近況(本文)
  6. 結びの挨拶
  7. メールでの失礼に対する一文
  8. 日付
  9. 本名

という順番でビジネス用の暑中見舞いを書くのがメールでの正しい暑中見舞いの書き方です。

文例では近況(本文)の部分がかなりテンプレ的な文章になってしまっていますが、そこをうまくアレンジすると素敵な暑中見舞い用のメールが書けると思います。

スポンサードリンク