つくしって漢字で書くと土筆!実はそれ以外の別名もあった?

つくし

つくしは、春になると道端で見かけるおなじみの植物です。春を感じるかわいい姿ですよね。みなさん、そんなつくしを漢字で書くことができますか?

つくしは「土筆」と書きます。これはご存知の方が多いでしょう。

ところが、これ以外にもつくしを現す漢字があるのです。ご紹介したいと思います。

つくしつくしが成長するとスギナになるって嘘?本当?

 

スポンサードリンク

つくしを漢字で書くと土筆と書く理由とは?

つくし

つくしと言えば「土筆」の漢字を思い浮かべると思います。

胞子茎の部分の形が「筆」に見えること、その「筆」が「土」から生えてきていることから、「土筆」という漢字で現すようになりました。当て字ですね。

つくしの見た目通りのわかりやすい漢字ですね。覚えやすいです。

つくしの名前の由来の説は?

つくしの漢字についてご紹介してきましたが、「つくし」という言葉には他にも説があります。

一番有力なのが「付く子」です。スギナに付いている子供のようだということで、スギナに「付く子」となったのです。

また、つくしの茎にはハカマがありますよね。このハカマで継ぎはぎ状態になっていることから「継く子」となったという説もあります。

また、土から突き出して生えていることから、「突く子」という説もあります。どれもユニークな説ですね。ひとつの言葉にもこれだけの説があるということに驚きました。

実はつくしは別名があった?ご存知ですか?

つくしは、土に生えている筆をイメージした「土筆」という漢字がピッタリです。しかし、実は他にもつくしの漢字がありました。

「筆頭菜」です。これをつくしと読める方は少ないのではないでしょうか。

「筆」の「頭(先端)」のような「菜」という意味です。これもつくしの見た目を現していますね。

この漢字は中国語と関係しています。中国語ではつくしを「笔头菜」書きます。「笔」=筆、「头」=頭を意味します。

「筆頭菜」は、日本人ではなく、中国人の感性がもとになっている漢字なのですね。

スポンサードリンク

ちなみにスギナは漢字でどう書くの?

スギナ

みなさんご存知だと思いますが、つくしはスギナの胞子茎です。

スギナは花を咲かせることがなく、胞子によって繁殖していきます。つくしは、そんなスギナの胞子をつけた茎なのです。

スギナは根が深く、生命力が強いことから「地獄草」と呼ばれることもある雑草です。

このスギナは漢字でどう書くと、「杉菜」となります。

これは、スギの木の形を似ていることが関係しています。確かに、杉の木のミニチュア版という感じがしますよね。

土筆と同じように、見た目通りのわかりやすい漢字です。

ユミ

ちなみに土筆を英語で言うとなんて言うと思いますか?調べてみました。
つくしつくしって英語で何ていう?調べたら複数あった!

 

あとがき

ここでは、「つくし」という言葉についてスポットを当ててみました。

「土筆」「筆頭菜」「付く子」「継く子」「突く子」など、色々な言葉があることに驚きました。

春につくしを見かけた時には、つくしの漢字について思い出してくださいね。

つくしの画像つくしって山菜なの?それとも雑草?農家は駆除するのに四苦八苦 つくしつくしには栄養が豊富?食べ過ぎると体に悪影響はあるの?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください