紅しぐれ大根という赤い大根の味の特徴と旬の時期とオススメの食べ方は?

紅しぐれ大根

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/yaolog/diary/200609290000/

サラダだけでなく、みそ汁や煮物と幅広い料理法で味わえる大根は定番の食材となっていますよね。

さて大根といえば「青首大根」が一般的に食べられていますが、「紅しぐれ大根」という大根をご存知でしょうか。

今回は【紅しぐれ大根の味や特徴とは?】【紅しぐれ大根の旬やオススメな食べ方とは?】についてご紹介致します。

▶ 紅化粧大根という赤い大根の味の特徴と旬の時期と食べ方は?

スポンサードリンク

紅しぐれ大根とは?

ポイント

紅しぐれ大根は(株)トーホクと東洋大学の下村講一朗教授の共同開発によって誕生した大根です。

紅しぐれは「紅」と付いていますが、薄紫色の‏色合いとなっています。

果肉も白い色合いに薄っすらと紫色が混じっており、この色のコントラストが魅力の一つとなっています。

紅しぐれは薄紫色が魅力的ですが、これはポリフェノールの一種アントシアニンの色素となっています。

アントシアニンは血流の促進や抗酸化作用、美肌効果と多くの効能が期待できる成分です。

紅しぐれのアントシアニン量は青首大根の3倍と言われており、美容を気に掛ける女性に嬉しい食材ですよね。

紅しぐれ大根は普通の大根よりも栄養価が高い?

紅しぐれ大根の漬物はさっぱりとした味わいで、関西地方では人気が高い品種となっています。

紅しぐれだけでなく、赤い色合いの大根にはアントシアニンがたっぷりと含まれています。

コレステロール値の減少や肥満予防、眼精疲労の軽減等美容面だけでなく健康面にも大きな効果が期待できます。

白い大根よりも栄養価が高い傾向にあり、積極的に食べて欲しい品種となっています。

主な産地はどこ?旬の時期っていつなの?

紅しぐれ大根は群馬県が主な産地となっていますが、全国各地で栽培が行われています。

紅しぐれ大根の収穫時期は10~11月となっており、甘味が蓄えられた味わいを楽しむ事ができます。

スポンサードリンク

紅しぐれ大根の食べたときの味などの特徴は?

悩む

紅しぐれはパリッとした食感で、大根特有の辛味がほとんどなく甘味を楽しめる品種です。

紅しぐれ大根のオススメの食べ方は?

紅しぐれ大根は薄紫色と科忍苦の白っぽさを活かす事ができる食べ方がおススメとなります。

色のコントラストを楽しむ事ができように、スライスしてサラダや漬物として食べる食べ方がよいですね。

また紅しぐれ大根を甘酢漬けにすると、より発色が良くなり、薄紫色からピンク色へと変化します。

同じ紅しぐれ大根であっても、異なる色合いを楽しむ事ができるので、生食と甘酢漬けで楽しむと良いですね。

紅しぐれ大根は生食だけでなく、グリルでも楽しむ事ができます。

ただ、煮物やおでんといった煮込み料理にしてしまうと、色味が変化してしまい美しさが失われてしまいます。

あとがき

薄紫色の色合いが魅力的な紅しぐれ大根。アントシアニンがたっぷりと含まれており、美容効果や健康維持にも効果が期待できます。

甘酢漬けにすると、ピンク色の鮮やかな色合いに変化するので、是非生食だけでなく甘酢漬けでも楽しまれてみては如何でしょうか。

▶ 辛味大根の種類一覧!意外とたくさんの種類があった!
▶ 赤い大根の種類一覧!普通の大根と栄養価が違う?
▶ 白い大根の種類一覧!自分の好みの大根はどれだ?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください