紅化粧大根という赤い大根の味の特徴と旬の時期と食べ方は?

紅化粧大根

出典:https://dot.asahi.com/tenkijp/suppl/2017010800011.html

日本人に馴染み深い食材は数多くありますよね。大根もそんな食材の一つですが、大根にも多くの品種がある事をご存知でしょうか。

その中でも、赤い色合いが魅力的な「紅化粧大根」という品種もあります。

今回は【紅化粧大根の味や特徴とは?】【紅化粧大根の旬と食べ方とは?】についてご紹介致します。

▶ 山田ねずみ大根の特徴と旬の時期は?どんな食べ方がオススメ?

スポンサードリンク

紅化粧大根とは?

ポイント

紅化粧大根は赤い色合いが特徴的な大根で、2006年から株式会社サカタのタネで販売されている品種です。

紅化粧大根は真っ赤な色合いの美しさが魅力的となっていますが、果肉は真っ白。その為、皮の赤色と果肉の白さのコントラストが美しさとなっています。

「紅化粧大根」という名前は「紅の化粧を施した女性のような美しい大根」という事から名付けられています。

大根と言えば消化酵素であるジアスターゼがたっぷりと含まれている食材です。

紅化粧大根はこのジアスターゼがたっぷりと一般的に食べられている青首大根の7倍も含まれていると言われています。

その為、胃もたれしやすい料理や消化力の弱い方におすすめな大根となります。

青首大根は60~70㎝程ありますが、紅化粧大根は20~30㎝と半分程の大きさです。

また赤い色合いの大根の品種は数多くありますが、ほとんどが紫色が掛かった色合いとなっています。

しかし、紅化粧大根は濃厚な紅色に全体が染まった色合いとなっています。

スポンサードリンク

紅化粧大根の食べたときの味などの特徴は?

悩む

紅化粧大根はみずみずしく、シャキシャキとした食感を楽しむ事ができます。また大根特有の辛味がほとんどなく、噛むほどに甘味が広がります。

紅化粧大根のオススメの食べ方は?

紅化粧大根は表面が濃厚な紅色でありながら、果肉は真っ白となっています。

その為、皮と果肉が一緒になるようにスライス等にカットしてサラダで味わう食べ方がおススメとなります。

大根本来の甘味だけでなく、赤と白の色のコントラストが料理の引き立て役になります。また甘酢漬けにするとよりシャキシャキ感が増すだけでなく、色が鮮明となります。

主な産地はどこ?旬の時期っていつなの?

ポイント

紅化粧大根は全国各地で栽培が行われていますが、栽培地域によって収穫時期が異なっています。

寒さが厳しい寒冷地においては9月~10月が旬の時期となり、温暖地では11月~1月が収穫時期となっています。

その為、旬の時期は11月~12月頃となっています。

あとがき

紅化粧大根は赤い大根の品種の中でも、特に濃厚な色合いが魅力的な大根となっています。

この色合いの美しさをフルに活かす事ができる料理は、おもてなしにピッタリで多くの方から喜ばれる事間違いなしですね。

▶ 辛味大根の種類一覧!意外とたくさんの種類があった!
▶ 赤い大根の種類一覧!普通の大根と栄養価が違う?
▶ 白い大根の種類一覧!自分の好みの大根はどれだ?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください