ゴーヤが嫌いな人は何が理由なの?苦手を克服できるレシピも紹介!

ゴーヤは子供には人気のない野菜ですよね。大人でもゴーヤ料理は苦手な方が多いでしょう。

ゴーヤと言えば沖縄の名産物ですが、沖縄の人でもゴーヤが苦手な方はいるそうです。ここではゴーヤが嫌われる理由や、克服レシピをご紹介したいと思います。

ゴーヤを乾燥させて作る干しゴーヤは美味しいって本当?

Sponsored Link

ゴーヤが嫌いな人の一番の理由はやはりあの苦味!

沖縄の人でも嫌いな人はやっぱりいる!

ゴーヤが嫌いな人の一番の理由はズバリ、あの苦味です。独特な苦味がどうしても苦手、嫌いで食べられないという方が多いのです。

沖縄の人はみんなゴーヤ好きのように思われがちですが、実は沖縄にもゴーヤ嫌いの方は結構います。

しかも、他の地域よりもゴーヤをいただく機会が多く、食卓にゴーヤ料理が並ぶ頻度が高いので苦労されているようです。

苦味には実は凄い効能があります!

ゴーヤが苦手な方は、「あんな苦いものをわざわざ食べなくても良いのでは…」と思うかもしれません。

でもゴーヤの苦味には凄い効能が実はあります。だから、食べずに残してしまうのはとてももったいないのです。

苦味成分「モモルデシン」には、胃の粘膜を保護することで胃の調子を整え、食欲を増進してくれる効果があります。

さらに、頭痛や落ち込んだ気分をやわらげる効果、生活習慣病やがんを予防する効果まであるのです。

苦味成分「チャランチン」「コロリン」は植物インスリンとも呼ばれる成分で、血糖値を安定させてくれる効果があります。

沖縄では「糖尿病の薬」と言われることもあるほどです。

さらに「ククルビタシン」という苦味成分には免疫力を高める効果があることから、ゴーヤは風邪予防に良いとも言われています。

Sponsored Link

ゴーヤが嫌いな人でも食べられるオススメレシピは?

レシピ

ゴーヤ天ぷら

ゴーヤの苦味を和らげてくれる定番レシピは「天ぷら」です。

ゴーヤの苦味成分は油と合わせると、油の中に流出してくれるからです。油で炒めた料理の場合には、その油も一緒にお皿に盛りつけることになりますが、天ぷらなら油をしっかりきることができるので、より効果的に苦味が軽減されます。

わたを取ってから天ぷらにしても良いのですが、わたを取らずにそのまま輪切りにしてもOK。天ぷらならわたも一緒に美味しく食べることができるのです。

ゴーヤカレー

ゴーヤはカレー味と相性が良いです。ゴーヤの炒めものをカレー味にアレンジすると、カレーの強い味でゴーヤの苦味がおさえられます。

そして、ゴーヤを普通のカレーに入れてしまうのも◎。

じゃがいも、にんじんの代わりに、ゴーヤをはじめ、なす、ピーマン、ズッキーニなどの夏野菜をたっぷり入れた夏カレーに仕上げるのもおすすめです。

ゴーヤが完全にとろりとなるまで煮込んでしまえば、苦味を感じることがないでしょう。

味噌ゴーヤチャンプルー

ゴーヤの定番レシピと言えばゴーヤチャンプルーですよね。

「チャンプルー」とは沖縄の方言で「ごちゃまぜ」という意味です。豆腐と色々な食材をごちゃまぜにして炒めた料理を「〇〇チャンプルー」と言います。

ゴーヤチャンプルーの味付けは醤油とごま油が基本ですが、この味付けだとゴーヤが苦くて食べられないという方もいるでしょう。

そんな方には、醤油の代わりに味噌とみりんで味付けをした味噌ゴーヤチャンプルーがおすすめ。

沖縄でも、ゴーヤが苦手な方は、味噌味にしたゴーヤチャンプルーを食べることが多いそう。ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

ゴーヤは苦味が強いために嫌われがちな野菜ですが、この苦味にこそ非常に優れた健康効果が詰まっているのです。

食欲増進、生活習慣病やがん予防、さらには頭痛やイライラまでおさえてくれる効果があります。また、植物のインスリンと言われるほど血糖値を整える効果まであります。

ゴーヤが苦手な方も、ぜひゴーヤ嫌いを克服してゴーヤパワーをたっぷり得てくださいね。

ゴーヤの保存期間は?日持ちする方法はないの? ゴーヤが黄色や赤に変色してしまう理由は?食べても大丈夫?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください