ゴーヤは生で食べられる?オススメの生食レシピは?

ゴーヤと言えば沖縄料理ですよね。沖縄には地元の美味しいゴーヤを使った料理が人気の飲食店がたくさんあります。

やはり人気はゴーヤチャンプルですが、それ以外にもオススメ料理がたくさんありました。その中でも美味しいと評判なのが「ゴーヤ刺」。ゴーヤを生でお刺し身のように食べる料理なのです。

実はゴーヤは生でも食べることができます。生で食べることで嬉しい効果も期待できます。ここではゴーヤの生食についてご説明していきましょう。

ゴーヤとニガウリの違いとは?他にも別名があるって本当?

Sponsored Link

ゴーヤは生で食べられるって本当?

生で食べたほうが栄養価は高い?

ゴーヤは生で食べた方が栄養価が高くなって体に良いとされています。沖縄の人はゴーヤを生で食べることが多いです。ゴーヤの栄養をしっかり摂るためなのでしょう。

加熱するよりも生食のほうが豊富に摂れる栄養素はビタミンCです。ゴーヤには非常にたくさんのビタミンCが含まれており、その含有量はレモンの約3倍もあります。

ビタミンCは美肌になれるイメージが強いですが、それだけではありません。

ビタミンCには老化の原因となる活性酸素を抑える効果があるため、体もお肌も若々しく元気になれるのです。さらに免疫力を高める効果もあるため、夏バテや風邪の予防にもなります。

しかし、レモン3個分も含まれているゴーヤのビタミンCですが、加熱することで失われてしまうのです。

ゴーヤのビタミンCは他の野菜や果物よりも熱に強いとされているのですが、それでも生で食べるよりは量が減ってしまいます。

ゴーヤのビタミンCの効果を最大限摂り入れたい方は、生で食べるのが一番ということです。

生で食べる弊害は苦味が強い!

ゴーヤは生で食べる方がビタミンCをたっぷり摂ることができます。でも、生で食べる時に一つ大きな難点があります。それは「苦味」です。

ゴーヤの苦味は加熱することでやわらぐ効果があるため、生で食べるとどうしても苦味は強いままになります。

ゴーヤの苦味が苦手な方には食べにくいかもしれませんね。

ゴーヤを生食する時にできるだけ苦味を和らげるコツは、薄く切ることです。1mm程度に薄切りにすると良いでしょう。

Sponsored Link

ゴーヤを生で食べるならオススメレシピは?

レシピ

ゴーヤ刺

ゴーヤの生食をするなら、ぜひ「ゴーヤ刺」にしてみてください。1mm程度に薄切りにしたら、1~2分水にさらして苦味成分を流出させます。

おすすめは鰹節をトッピングして薄口醤油でいただく食べ方です。その他、みょうがやしょうが等の夏の香味野菜と合わせても美味しくいただけます。

ゴーヤの苦味がお好きな方は、一度試してみてくださいね。

ジュースに入れる

生のゴーヤはジュースにするのがおすすめ。ミックスジュースなら、りんごやバナナなどの甘い果物と合わせることができるので、ゴーヤの苦味が苦手な方にもハードルの低い生食方法と言えます。

ゴーヤと相性が良いのはバナナです。さらにハチミツをプラスすると甘くて美味しいミックスジュースになります。

豆腐サラダにする

ゴーヤチャンプルのように、ゴーヤは豆腐と相性が良い野菜です。生のゴーヤを使った豆腐サラダもおすすめです。

1mm幅の薄切りにしたら、1~2分水にさらして苦味をおさえます。しっかり水分を切った木綿豆腐、ツナを和えたら塩コショウとごま油で味付けをしましょう。

胡麻ドレッシングなどのお好みのドレッシングをかけるだけでもOK。ツナのオイルがゴーヤの苦味を和らげてくれる効果もあります。

まとめ

ゴーヤは炒め物にすることが多いですが、実は生でも食べることができます。

しかも、加熱して食べるよりもビタミンCの健康効果、美容効果をたっぷり摂ることができるのです。

生のゴーヤはどうしても苦味は強くなりますが、果物とジュースにしたり、豆腐サラダにすることで少し苦味が和らぐでしょう。

ゴーヤの苦味がお好きな方は、ぜひゴーヤ刺しで食べてみてくださいね。

ゴーヤのわたは栄養豊富で捨てるのは勿体無い!オススメレシピは? ゴーヤとズッキーニは似ている?違いと見分け方は?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください