イチゴの旬は冬ではなく春だということは本当の話?

イチゴ
イチゴの旬の季節と思うといつを想像しますか?私は12月から2月ぐらいかな?と思っていました。

スーパーに出回っているイチゴを思い出せばそう思うのもしかたがないのですが、実はイチゴは春が旬という情報をどこからか仕入れてきました。

ユミ

どう考えてもスーパーに売っている時期は冬なんですが、どうして春が旬だと言われているのでしょうか?調べてみました!
いちごの画像いちごの種類一覧、糖度が高くて甘い特徴の品種はこれだ!

 

Sponsored Link

イチゴが春が旬だと言われる理由はコレ

いちごの画像

イチゴってどうやって育てるかわかりますか?土に種を植えて育てます。

実はイチゴは冬の寒い季節に実がなる果実ではなく、もう少し暖かい季節に実がなる果実なんです。

一般家庭でイチゴの苗を育ててみればわかるのですが、実際は4月から6月に実がなるようにできています

しかしスーパーに出まわるのが冬な理由は?

ビニールハウス苺

出典:http://www.akiyama-e.com/

イチゴの消費量が多いのは12月。そうですクリスマスケーキに使われるんですね。

その一番多く消費する12月に合わせるために、上図のようにビニールハウスで栽培したり、品種改良したりしてできるだけ冬を旬にしようとしているわけです。

その為、12月~2月という季節がイチゴが旬の季節になりましたと言われている所以ですね。

ユミ

確かにいちごと言えばビニールハウスで栽培されているイメージが強いです。ビニールハウスを使わない栽培をすると旬は春になるということなのですね。
 

Sponsored Link

12月の一番イチゴの消費量が多い時期のイチゴは正直旬ではない!

いちご狩りに来た女性

12月に出回っているイチゴは人口的に赤くしているイチゴが大半です。

青い実の状態で保存しておいて出荷前に温度や日を照らして赤くして出荷するわけでそんなイチゴが旬とは呼べるかというと呼べませんよね。

しかしクリスマスに間に合わせるのには仕方がないことなのかもしれません。

人工的に赤くしているイチゴは美味しくもなくそして値段も高価という私達購入者に取ってはあまりオススメ出来るイチゴとは言えないかもしれません。

1月、2月に出回っているイチゴは大半ビニールハウスで栽培されているイチゴ

この時期のイチゴはビニールハウスで栽培されているので普通に美味しいイチゴが食べられます。

この季節のイチゴが今で言う旬のイチゴという呼び方が出来るイチゴだと私は思います。

しかし、本当に美味しいのは露地栽培のいちご

いちごの画像

ビニールハウスではなく普通に栽培したイチゴは4月~6月に美味しい実がなる話をしました。

そういう栽培を露地栽培と言います。露地栽培のイチゴを見かけたら是非購入してみてください。ビニールハウスのイチゴよりも美味しいみたいです。

ユミ

露地栽培のいちごは美味しいのか時期になったら私も食べてみたいと思います。

 

まとめ

  • イチゴを普通に栽培したら旬は春
  • ビニールハウスや品種改良により一般的な旬は1月-2月
  • 冬の食べ物というイメージがついた理由はクリスマスの時に使われる消費量が一番多いから
  • 露地栽培のいちごを見かけたら是非食べてほしいです

 

いちごの画像いちごの種類一覧、糖度が高くて甘い特徴の品種はこれだ! いちごの画像家庭菜園も簡単にできる宝交早生といういちごの特徴とは?

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください