きゅうりの中身が白い!腐っている?ちゃんと食べられるの?

きゅうり

サラダや野菜スティックでおなじみのきゅうり。シャキシャキとした食感とみずみずしさがとても魅力ですよね。

そんなきゅうりをカットした時に中身が白い事はよくありますよね。このきゅうりの中身が白い事で「腐っている?」と感じてしまう方も多くいらっしゃいます。

そんなキュウリの中身が白いのは腐っているのか?そして食べる事が出来るのかについてご紹介します。

▶ きゅうりはうまいのに栄養がないって本当?食べ過ぎの弊害は?

スポンサードリンク

きゅうりの中身が白い原因は?

ポイント女性

きゅうりの中身が白いと苦さっていると思う方もいらっしゃいますよね。しかしこれは腐っているのではないのです。

これはきゅうりに含まれている水分が抜けてしまっている事で起こる現象です。きゅうりのほとんどは水分となっています。

水分が抜ける事で白っぽくスカスカの状態となってしまうのです。

断面が白いきゅうりは味はどうなの?美味しいの?

きゅうり

断面が白いキュウリの味がとても気になりますよね。断面が白いキュウリは水分が抜けてしまっているきゅうりです。

つまり鮮度が衰えているキュウリともなっています。

キュウリと言えばみずみずしさと食感が美味しさの要でもあり命とも言えますよね。その重要な水分が抜けているという事は鮮度が落ちたきゅうりとなっています。

長期間売れ残ったり、収穫して時間が経過しているきゅうりと言えます。

この水分が抜けたキュウリは苦味も強くなっており美味しさを感じられない事で、新しいきゅうりを購入する事がおススメとなります。

スポンサードリンク

新鮮なきゅうりの見分け方は?断面はどういうのがいいの?

考える女性

新鮮なキュウリの見分け方をご存知でしょうか。

美味しいキュウリの見分け方は先端、中央、お尻の部分の太さが均一となっている物をチョイスする事です。

お尻の部分が膨らんでいるきゅうりは、水分が下に溜まっており中身が空洞になりやすく食感が衰えてしまいます。

中身がみずみずしく、びっしりとしているきゅうりは食感も味も最高なきゅうりです。緑色が濃くて、表面にツヤのあるきゅうりは鮮度抜群の証拠です。

きゅうりは収穫後時間が経つと黄色く変色してきてしまいます。

またイボがチクチクする程鮮度抜群となっています。このイボの中には沢山の水分が含まれています。

イボがほとんどないキュウリは時間が経ち水分が抜けてしまっているきゅうりとなるので、イボがより目立つきゅうりが新鮮なきゅうりです。

ヘタの部分がみずみずしい物も鮮度の良いきゅうりとなっています。

また持った時に重量感が感じられるきゅうりが美味しいきゅうりです。きゅうりの90%以上は水分となっています。

重量感がある程、水分が詰まっており新鮮なきゅうりとなっています。

あとがき

手軽に食べられるとして多くの方から好まれるきゅうり。

購入する際に鮮度が落ちているきゅうりをこうにゅうしてしまうと、中身が白くなっている事もあります。

鮮度抜群で美味しいきゅうりを味わう為にも、新鮮なきゅうりを選びたいですよね。

▶ おいしいきゅうりの種類と品種一覧について
▶ きゅうりが苦手!嫌いな人の理由と対処法は?
▶ きゅうりにとげがある理由は?イボがない種類もある?
▶ きゅうりはうまいのに栄養がないって本当?食べ過ぎの弊害は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください