Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

レンコンのおすすめの洗い方は?穴の中まで泥がついている理由は何故?


レンコン

レンコンはさまざまな調理法で味わえる食材の一つですよね。

炒めてきんぴらも良し、衣を纏わせ高温で揚げれば表面はサクッ、中はホクホクの食感が魅力的な天ぷらと魅力満載な味わいが楽しめますね。

さてレンコンを調理する時、どのように洗っていますか?レンコンは穴が沢山あり、なかなか泥を洗い流す事ができませんよね。

そこで今回は【レンコンのオススメの洗い方は?】【レンコン穴の中まで泥が付いている理由とは?】についご紹介致します。

▶ レンコンの旬の時期っていつなの?産地によって違うって本当?

スポンサードリンク

レンコンは表面は綺麗に洗えてもなかなか穴の中までは綺麗にならない

水道

レンコンを下処理する時、たくさんが付いているのでどんな食材よりも丁寧に洗ってしまいますよね。
表面が真っ白になるまで洗ったなんて方も多いと思われます。

しかし、どんなに表面をキレイに洗ったとしても無数に開いている穴の中まではしっかりと洗う事ができませんよね。

穴まで真っ白にする為に歯ブラシを使ったなんて話は聞いた事がありませんよね。

表面はしっかりと洗う事ができても、穴まではしっかりと洗う事ができないのがレンコンの下処理の悩みの一つですよね。

そもそもなんで穴の中に泥が付着するの?

レンコンの表面には皮があるのに「どうして穴の中に泥が付着しているんだろう?」と疑問を感じた方も多いハズ。

それは「収穫時等折れ等によってレンコンの中に泥水が入り込んだ」事が大きな原因と考えられます。
レンコンは泥水の中で栽培されている食材です。

レンコンが折れたり傷付いている状態だと泥水が入り込んでしまうので、穴に泥が付着してしまうのです。

しばしば「土や泥がついている野菜は新鮮」なんて事を耳にしますよね。

しかし、レンコンの中身に泥水が入り込んでしまうと傷みが進行したり腐食の原因に繋がってしまうのです。

スポンサードリンク

レンコンを穴の中まで綺麗に洗うおすすめの方法は?

レンコン

レンコンを購入して下処理するまで穴に泥が不着しているかなんて解らない事も多くありますよね。では「穴に泥が付いている時、綺麗に洗う方法は?」となりますよね。

水洗いしても、穴に付着した泥ってなかなか落とす事ができませんよね。そんな時は穴よりも小さな物で拭い取ると良いです。

菜箸の先端に塗らしたキッチンペーパーやタオルを巻き付け、グリグリと拭き取るとキレイに落とす事ができます。

洗うのが面倒くさい!泥付きレンコンと綺麗なレンコンってどういう差があるの?

レンコン

出典:https://chefsclip.me/yasai/entry-1458/

泥付きのレンコンを穴までしっかりとあらうのが面倒くさい!という方も多いですよね。下処理にも時短で向かいたいなんて方も多いハズ。

スーパーでは泥付きではないレンコンも沢山販売されています。では、泥付きのレンコンと泥付きではない綺麗なレンコンに差があるのでしょうか。

実は大きな差があります。レンコンは水中で栽培されているので、乾燥にとても弱い食材です。泥が付いている事で、乾燥予防となり風味やサクサク感を楽しむ事ができます。

しかし、泥が付いていないと乾燥しやすく風味が抜けてしまうので、下処理は楽でも美味しさが半減してしまいます。

美味しさを選ぶか、時短を選ぶかは生活のリズムや考えによって異なってきますよね。

あとがき

レンコンの穴に泥が不着しているのは新鮮な証拠ではなく、折れ等によって泥水が入り込んだことが大きな原因となっているのですね。

もし、穴に沢山の泥が付いている時は傷みも早くなってしまうので、キレイに洗って早めに食べる事をお勧めします。

▶ レンコンの皮のむき方は?実は皮ごと食べたほうがいいって本当?
▶ レンコンは花粉症に効果があるって本当?タンニンとムチンが効く?
▶ レンコンの生産量ランキングと消費量1位の県はどこ?

スポンサードリンク