レンコンの皮のむき方は?実は皮ごと食べたほうがいいって本当?

レンコン

沢山の穴が特徴的なレンコン。

どうして穴があるのか不思議に感じる方もいらっしゃいますが、どんな調理法でも惜しく味わう事ができる食材ですよね。

さて、レンコンを下処理する時どのように皮を剥いていらっしゃいますか。レンコンの皮剥きって意外と大変ですよね。

そこで今回は【レンコンの皮の剥き方とは?】【実はレンコンは皮ごと食べた方がいい?】についてご紹介致します。

▶ レンコンは花粉症に効果があるって本当?タンニンとムチンが効く?

スポンサードリンク

レンコンの皮のむき方はどうするのがいい?

ポイント

皆さん、レンコンの皮むきをする時どのようにして行っていますか。皮剥きと一言にいってもあらゆる道具で行う事ができますよね。

ピーラー

皮むきの定番でありながら子供でも手軽に皮むきが行える道具として親しまれているピーラー。レンコンはくびれや凹凸が多いので、包丁では誤って「指を切ってしまった」なんて方も多いハズ。

でもピーラーでならケガの心配もなく皮むきを行う事ができますね。さらにレンコンって胴回りが大きい食材と思ってしまいますが、中身は沢山の穴だらけ。

その為、皮と穴の間の実の部分って意外と薄いんですよね。包丁だと皮を剥き過ぎて「身の部分が少なくなってしまった」なんて事もあります。

でもピーラーは薄く皮むきができるので、食味部分をしっかりと残す事ができますね。

包丁

食材の下処理の最強道具とも言える包丁。ピーラーだと薄く薄い皮むきとなるので、何度も剥かなければなりませんよね。

特に実の部分が茶色かったり黒かったりすると困難な作業になってしまいます。

しかし、包丁ならば一回でキレイにする事ができます。そしてレンコンは食材の中でも皮むきが大変な食材の一つにもなります。

それがレンコンのくびれ。真っ直ぐになっていれば簡単に皮むきを行うことができますが、レンコンはくびれが多い食材。

‏くびれ部分って折ったりしないと皮を剥く事ができませんよね。しかし包丁の刃はそんなくびれ部分の皮を意図も簡単に剥く事ができちゃいます。

そしてレンコンはポリフェノールが含まれているので、皮剥きに時間が掛かってしまうと変色してしまう食材。

でも包丁での皮剥きはササッと行う事ができるので、変色防止にも繋がりますね。

アルミホイルを使う人もいる?

「アルミホイルでレンコンの皮むき?」と疑問を感じる方もいるかと思いますが、実はアルミホイルでも皮むきができちゃうのです。

まずは、どの家庭でもラップ同様常備されているアルミホイルをクシャクシャにします。アルミホイルをクシャクシャにしていると歯がキーンとしそうですケド、ここはガマン。

そしてクシャクシャにして丸めたアルミホイルでレンコンの表面を擦るだけ。なんとこれだけでレンコンの皮を剥く事ができちゃうのです。

レンコンの皮は薄くてとても柔らかいので、アルミホイルでも擦り落とす事ができちゃうのです。この皮むき方には多くのメリットがあります。

まずは、実を残し皮だけを剥く事ができる面です。表面の皮だけを剥く方法となるので、食味部分をしっかりと残す事ができますね。

そして主婦の方にとって大助かりとなるのが洗い物が省く事ができる面です。ピーラーや包丁での皮むきも良いですが「洗うのが面倒」と感じる方もいらっしゃいますよね。

でも、アルミホイルでの皮むきは終了後ポイッと捨てるだけ。洗う手間暇が省けるので、下処理も楽チンにできる裏技ですね。

スポンサードリンク

実はレンコンは皮ごと食べた方がいいと言われているって本当?

調べる女性

レンコンの皮はさまざまな方法で剥く事ができますが、実は皮ごと食べた方がいいと言われています。

野菜でも果物でも、皮に沢山の栄養が含まれていると言われていますが、レンコンの皮にも栄養が含まれているのか気になりますよね。

皮ごと食べる派の意見は?

皮ごと食べるという意見の方は「栄養豊富」という事で皮ごと食べている方がいらっしゃいます。

まず、レンコンは皮を剥くと茶色く変色してしまいますが、これはレンコンに含まれているポリフェノールが空気に触れた事で酸化する現象です。

このポリフェノールは実は皮に沢山含まれています。レンコンには「タンニン」というポリフェノールが含まれています。

タンニンには炎症を抑制する効果や止血作用があります。

また、咳止め効果や喘息の発作を緩和する効果があり、民間療法として使用されている成分です。またタンニンは女性にとっても嬉しい効果があります。

それは「美容効果」です。

タンニンにはシミやくすみ、しわの原因となってしまうメラニン色素の沈着を抑制する効果があります。その為、レンコンを皮ごと食べると大きな美容効果を期待する事ができちゃいます。

皮はむく派の意見は?

レンコンの皮はしっかりと剥くという意見の方も多くいらっしゃいます。まず、レンコンの皮って沢山の土が不着しています。

その為、皮ごと食べると「土臭い」と感じてしまったりしてしまいます。またレンコンは泥水の中で栽培されているので、細菌の付着も気に掛かりますよね。

さらに皮ごと食べると口の中に皮が残ってしまい食感が損なわれてしまったり、皮の茶色が料理に移ってしまうのではという心配もありますね。

私の意見は?

私はレンコンはしっかりと皮を剥いて食べます。

レンコンの皮には沢山のポリフェノールが含まれているので、皮ごと食べる方が美容面にも健康面も良いと考えられますが、皮を食べると土臭さがあるのではと感じてしまいます。

そしてレンコンと言えば皮を剥くと真っ白な肉質が魅力的ですよね。

でも、皮ごと調理すると白さが失われてしまいますし、スープ等の煮込み料理だと皮の茶色が出てしまいそうですよね。

そんな事から私はレンコンの皮は剥いて食べます。

レンコンの皮を使ったオススメのレシピは?

考える女性

レンコンの皮を食べる事で美容効果を期待する事ができます。でも皮を食べる事に抵抗を感じてしまう方もいらっしゃいますよね。

そこでレンコンの皮を美味しく食べる方法をご紹介しちゃいます。

【レンコンの皮チップ】
1.薄く剥いたレンコンの皮をサッと洗う
2.水気をしっかりと吹きとったら高温の油で1~2分程揚げる
3.塩をまぶすだけで完成

おやつとしては勿論、おつまみにもピッタリで美味しくレンコンの皮を食べる事ができます。

あとがき

レンコンの皮剥きはさまざまな方法で行う事ができますが、アルミホイルでの方法も是非試して頂きたいですね。

皮には美容効果が期待できるポリフェノールが沢山含まれているので、皮ごと食べる事に抵抗が無ければ積極的に食べて欲しい部分となっています。

▶ レンコンが縁起が良い食べ物と言われる理由は?
▶ レンコンが黒く変色してしまった!その原因と防止策は?
▶ レンコンが紫色や赤色に変色してしまう原因は?食べられるの?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください