里芋は生で食べられる?おなかをこわす理由や生でも食べられるイモ類とは?

里芋の画像

里芋を生のまま食べるということってあるのでしょうか?山芋はすりおろしてとろろにして食べるとおいしいですが、里芋の定番メニューといえば煮っころがし。

生で食べるというのは聞いたことがありません。そこに理由があるのでしょうか。

▶ 里芋の皮むきで手がかゆくなる?原因と対処法は?

スポンサードリンク

そもそも生で食べると美味しいの?

悩む男性

新鮮なものなら生で食べるのが一番!と考える人もいます。しかし里芋もそうなのでしょうか。

そもそも生で食べて美味しいのであればその食べ方が主流になっているはずです。里芋はどうかと想像してみると、茹でた時にあくがたくさん出ることからも「えぐみ」が強い食材だということがわかります。

えぐみとは苦味やいがらっぽさを感じるような、不快でクセの強い味わいのことです。それを取り除くためにあくを取る工程が欠かせないのですから、生で食べたとしても美味しくなさそうですね。

煮っころがしの煮含め時間が足りなくてちょっと硬いままの里芋を思い出してみてください。美味しいと感じたことはないはずです。

スポンサードリンク

里芋を生で食べるとおなかをこわす原因は?

食べ過ぎた男性の画像

里芋を生で食べると美味しくないばかりではなくおなかをこわす可能性もあるようです。

それはなぜかと言うと、人は生のでんぷんを消化できないからだなんだそうです。里芋はイモ類ですからもちろんでんぷんのかたまりですね。

でんぷんは加熱することで消化吸収しやすいのが特徴ですが、生で食べてしまうと消化吸収が難しくなりからだの負担も余計に増えてしまいます。

そして結果的におなかをこわすことにもなるのだとか。生のようなシャキシャキ感を味わいたいのであれば、一度茹でた後に冷やして食べるといいですね。

茹ですぎなければ歯ごたえも残せますし、さらにおなかをこわさないようにしたいならよく噛んで食べるようにしましょう。

里芋以外のイモ類で生で食べても大丈夫なもの、だめなものは?

悩む主婦

じゃがいもも里芋と同じく主成分はでんぷんです。消化吸収がしにくいことは前述しました。

そして芽にはもちろん実にも微量ながらソラニンが含まれているようですので加熱したほうが食中毒のリスクは減ります。

と言っても加熱で完全にソラニンによる食中毒のリスクがなくなるわけではなくある程度減る程度なのですが加熱したほうが安全だと思います。

また薄く切ったサラダが料理本で紹介されていることもあります。もし自宅で作るのであれば、より安全に食べられるように皮と芽をしっかり取り除いてあくぬきを丁寧に行うといいかもしれませんね。

さつまいもは生のまま食べる国もあるそうですが、加熱した方がおいしいのでは?と感じます。

とろろとして食べる山芋や長芋は同じイモ類でも生で食べることができるものですが、それはアミラーゼという消化酵素が多く含まれているからなんだそうです。

まとめ

里芋は甘辛く煮るのが一番おいしいと感じるのはわたしだけでしょうか?

味がよく染みたあの茶色を見ただけでも食欲がそそられます。わたしはリスクのある食べ方よりも確実に美味しいと感じられる食べ方を選びたい派ですね。

▶ 里芋の保存方法はどうする?日持ちさせるために気をつけることは?
▶ 里芋とタロイモと八頭って同じ食べ物?違いはあるの?
▶ 里芋は皮ごと茹でたり食べたりするほうがいい理由とは?

スポンサードリンク

2 Comments

んばほぼへ

じゃがいものソラニンは加熱しても容易に分解できるものではありません。
ソラニンの毒性とじゃがいもの加熱は無関係です。

返信する
管理人

コメント有難うございます。
じゃがいもには緑色になった部分の皮や芽の部分にソラニンが含まれているのはよく知られていると思います。
しかし実にも微量ながらソラニンが含まれているそうです。
そんなソラニンですが、加熱をすることである程度分解できることは可能です。私の調べでは生の状態に比べて60%程度にはなるようです。

なのでじゃがいもの芽などにはソラニンが含まれており加熱したほうがソラニンの毒のリスクが減ると書きたかったのですが、
誤解させてしまう文章になってしまいました。修正しておきました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください