セロリが苦い!苦味を感じないコツやレシピってないの?

セロリ

セロリは健康にも美容にも良い野菜です。しかし、体に良いことがわかっていても、セロリ独特の「苦味」を感じるので苦手な方も多いです。

セロリの苦味は食べた後しばらく残ってしまいます。そのような苦味を上手く和らげながら、お子さんからお年寄りまでセロリの苦味を気にせず美味しく食べるコツをご紹介したいと思います。

▶ セロリの香りは臭い?匂いを消す方法はあるの?

スポンサードリンク

セロリが苦い原因は?

外国人が考える

特に葉っぱが苦かったりする?

セロリの食べられる部分は茎の部分と葉っぱに分かれています。主に料理に使われるのは茎の部分ですが、葉っぱももちろん食べることができます。

そしてセロリの苦さがより強いのは葉っぱの部分です。セロリを食べて苦味を感じる場合には、茎の部分ではなく葉っぱの部分の苦みを感じているのかもしれません。

セロリの苦味が嫌いな方は、まずは茎の部分から慣れていくようにするのはどうでしょうか。

しかし葉っぱの部分は茎の部分より多くの栄養素が含まれています。そのため、せっかくセロリを食べるのであれば、やはり茎も葉っぱも食べるのがおすすめです。

苦みを感じなくするための工夫をしながら、徐々に葉っぱの部分も食べれるようになりたいですね。

▶ セロリの葉っぱの部分って食べれるの?おすすめのレシピは?
▶ セロリの葉っぱの保存方法はどうすればいい?

スポンサードリンク

実は冬の時期のセロリはさほど苦くないって本当なの?

セロリ

セロリの苦みが嫌いな方におすすめなのが、冬の時期のセロリです。セロリは1年中スーパーに並んでいる野菜ですが、いつも同じ味ではありません。冬の時期のセロリはさほど苦みがないと言われています。

冬の野菜は甘みが増すと言われますよね。これはどうしてなのでしょうか。

厳しい寒さが続く冬は、野菜は凍ってしまうのを防ぐために、自分自身で工夫をします。通常の水は0度になると凍り始めます。水分を非常に多く含んでいる野菜は0度になると凍ってしまうのです。

そこで、野菜は糖の量を増やします。水に糖が加わると「凝固点」が下がり0度以下にならないと凍らなくなるのです。このような仕組みにより冬の野菜は糖が多くなるため、甘みが増すのです。

セロリの甘みも強くなるため、苦味を感じにくくなるというわけです。暑い時期のセロリと寒い時期のセロリをぜひ食べ比べてみてくださいね。

セロリの苦味をごまかせるおすすめのレシピは?

レシピ

セロリの苦味が苦手な方は、その嫌な苦みをごまかしてしまいましょう。ポイントは「小さく切る」「熱する」ことです。

セロリはスティック野菜にしたり薄切りにしてサラダに使ったりしますが、大きな形、生の状態で食べると、やはり苦みをダイレクトに感じます。そこで、小さく切り、必ず熱を通すのが良いでしょう。

小さく刻んで野菜スープに入れたり、サルサソースやミートソースに入れてコトコト煮込むのもおすすめです。苦みが和らぎ気にならなくなりますよ。

セロリが苦手な方はハーブとして楽しむのもおすすめ!

セロリが苦手な方は、セロリのサラダやセロリのスープのような、セロリがメインの料理はちょっと辛いかもしれません。丸ごとセロリを食べるのは抵抗があるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、セロリをハーブとして楽しむ方法です。セロリの茎ではなく葉っぱの部分を料理に活用します。

葉っぱの部分は香りを加えるのはもちろんですが、鮮やかな緑色をしているので色のアクセントとしても重宝する野菜です。

葉っぱの部分をできるだけ細かく刻んで、スープやパスタ、お肉料理などにプラスしてみましょう。おしゃれな料理になるでしょう。

あとがき

セロリの苦味がどうしても嫌いという方は多いです。しかし、健康にも美容にも嬉しいので、毎日の食事に取り入れていきたい野菜の1つです。

苦味を和らげるコツを知って、上手に料理に取り入れていきたいですね。

▶ セロリみたいな野菜といえばルバーブ!そしてフェンネル!
▶ セロリをフランス語やイタリア語で言うと何て言う?他の国は?
▶ セロリの旬の時期って一体いつなの?答えが難しい理由とは?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください