すだち風呂の効果は?入れ方はどうやればいいの?

すだち

程良い酸味と爽やかな香りがさまざまな料理ピッタリなすだち。秋が旬でスーパーでも観かける事が多くありますよね。

そんなすだちはお風呂に入れる事で「すだち風呂」としても楽しむ事ができるのです。今回はすだち風呂の効果やすだちの入れ方についてご紹介致します。

▶ すだちとかぼすとゆずの違いは?簡単な見分け方を紹介!

スポンサードリンク

すだち風呂の期待できる効果は?

ポイント女性

すだちをお風呂に入れるとすだちの爽やかな香が漂い大きなリラックス効果を得る事ができます。でもすだち風呂はもっと沢山の効果を得る事ができます。

すだちには「リモネン」という成分が含まれています。このリモネンはアロマオイルの成分ともなっており、疲労回復効果だけでなく、不安解消や緊張感の解消に大きな効果が期待できます。

またこのリモネンは美肌効果や美白効果も期待できます。リモネンが浸透したお風呂に入るだけで、今よりもさらに美しくなる事ができるのです。

さらに多くの女性が冷え性の悩みを抱えていらっしゃいますよね。

すだち風呂には血行を促進させる効果があり、冷え性の改善やポカポカとした暖かさを維持する事ができるのです。

またすだちはビタミンAがたっぷりと含まれています。

ビタミンAには粘膜の免疫力をアップさせる働きがあり、シミやソバカスといった肌トラブルの予防・改善に効果的です。

スポンサードリンク

すだち風呂ってどうやって入れればいいの?丸ごと?

すだち

すだちを半分に切って浮かべる方法

すだちを丸ごと1個入れても効果を得る事ができますが、半分に切って入れても大丈夫です。

半分に切る事で果肉からもすだちの成分がたっぷりと抽出され、より高い効果を得る事ができます。

果汁を絞りきったすだちを布袋などで包んで入れる方法

果汁を絞り切って布袋に入れる方法もあります。

果汁を絞る事ですだちの香りをより楽しむ事ができますし、果汁が絞られたすだちからも多くの成分が抽出されるので高い効果を得る事ができます。

すだちの皮を浮かべて入れる方法

すだちの皮だけを浮かべる方法もおすすめとなります。すだちの豊かな香りは皮が最も楽しめる部分となっています。

果肉の部分は食用として、皮の部分はすだち風呂として活用すると無駄なく使う事ができますね。

すだち風呂をするにあたって注意することとは?

考える女性

高いリラックス効果や美容効果、冷え性改善とさまざまな効果を期待する事ができます。しかしすだち風呂を行うにあたり注意する事も多くあります。

外出前に入らない事

すだちを始め、柑橘類には紫外線を浴びるとメラニン色素が生成しやすくなってしまう成分が含まれています。

すだち風呂は外出しない就寝前に入るのがおすすめといえます。

敏感肌の方

すだちは酸味の強い成分がありますが、この成分が肌に浸透してしまうと赤みや湿疹といった症状が起こる可能性があります。

敏感肌の方や赤ちゃんといった肌の弱い方は注意が必要となります。

あとがき

すだちは食べるだけでなくお風呂に入れる事ですだち風呂としても楽しむ事ができます。丸ごと入れても良いですが、切ったりするとより高い効能を得る事が出来ます。

ただ外出前や肌が弱い方は肌トラブルの原因となるので、注意が必要となります。

▶ すだちの使い道は?大量に手に入った時や汁以外の使い方は?
▶ すだちの皮や種は食べられるの?農薬とか大丈夫?
▶ すだちは日持ちする?おすすめの保存方法と冷凍は可能?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください