ヨーグルトは加熱すると乳酸菌が死滅して効果がなくなるのは本当?

ヨーグルト

ヨーグルトは美容面や健康面に効果的な食品となっている事で、日常的に食べられている方も多くいらっしゃいますよね。

ヨーグルトを食べる時は、そのままで食べる事もあればお菓子や料理の材料として食べる事もありますよね。

しかし、ヨーグルトを加熱すると、ヨーグルトにたっぷりと含まれている乳酸菌が死滅してしまうという話を聞いた事がります。

今回は【ヨーグルトを加熱すると乳酸菌が死滅して効果がなくなってしまうのか?】という事についてご紹介致します。

▶ ヨーグルトは酸味がある原因は?抑えるためにはどうすればいい?

スポンサードリンク

ヨーグルトは加熱すると乳酸菌が死滅するというのは本当?

悩む

ヨーグルトは加熱調理の材量としても重宝される存在ですよね。カレーやタンドリーチキンと世界各国で活用されています。

しかし、加熱すると乳酸菌が死滅してしまうという話があり、本当なのか気に掛かってしまいますよね。

【乳酸菌は加熱すると死滅してしまいます】

乳酸菌は腸内環境を整える働きがあり、便秘解消や美肌効果、ダイエット効果を期待する事ができます。

しかし、加熱してしまうと乳酸菌が死滅してしまうので、ヨーグルトを摂取する事で期待できる効果も薄れてしまいますね。

スポンサードリンク

どのぐらいの加熱なら乳酸菌は死滅しないの?

ヨーグルトは加熱すると乳酸菌が死滅してしまうので「乳酸菌効果が得られない」と感じてしまいますよね。

しかし、乳酸菌を生きたまま摂取できる温度帯があるのです。乳酸菌が最も活動できたり、増殖しやすい温度帯が40℃前後となっています。

しかし、これよりも温度帯が高くなると乳酸菌が生存できなくなってしまいます。ヨーグルトを60℃にしてしまうと、30分程で乳酸菌が死滅してしまいます。

さらにヨーグルトを100℃にすると乳酸菌はすぐに死滅してしまうのです。

つまり、乳酸菌をしっかりと摂取したい場合には、ヨーグルトを40℃位の温度で温める事が重要となりますね。

加熱したらヨーグルトは効果がなくなるの?

ヨーグルト

乳酸菌を摂取したいという温度帯は40℃前後位に温めると良い事が解りました。しかし、加熱する事でヨーグルト自体の効果がなくなってしまうのかが心配になりますよね。

乳酸菌が最も活動できる40℃前後であれば、ヨーグルト自体の効果もしっかりと摂取する事ができます。

また乳酸菌が死滅してしまってもまったく効果がなくなるというわけではなく、体に健康的な影響は与えるので全くの無駄というわけではありません。

乳酸菌を最も効果的に摂取するためのレシピは?

ポイント女性

ヨーグルトをそのままで食べるよりも、40℃前後に温めた方が乳酸をより多く摂取できます。そんな乳酸菌をより摂取できるヨーグルトの食べ方をご紹介します。

【ホットヨーグルト】
ヨーグルト150~200gを電子レンジで1分程加熱するだけ
プレーンタイプだと無糖となっている事もあり、大きなダイエット効果を得る事ができますが、食べやすくするために、砂糖やはちみつで味付けしても大丈夫です。

あとがき

ヨーグルトを煮込み料理や焼き物の材量として活用し、高温にて調理してしまうと乳酸菌は死滅してしまいます。

しかし、40℃前後にする事で、より乳酸菌の活動が活発になり乳酸菌パワーを期待する事ができるのです。

乳酸菌をしっかりと摂取したいという方はヨーグルトを温める温度帯が重要となりますね。

▶ ヨーグルトは朝と夜いつ食べるのがいいの?適した時間は?
▶ ヨーグルトを食べるとおならが臭くなったり増えるというのは本当?
▶ ヨーグルトを食べ過ぎると白内障の原因になるって本当?それとも嘘?
▶ ヨーグルトを食べ過ぎると白内障の原因になるって本当?それとも嘘?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください