Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

1月に使える時候の挨拶まとめ

     時候の挨拶

冬の景色

「1月に使える時候の挨拶はどんなものがあるの?」

1月は結構難しいですね。時候の挨拶と言えば大抵二十四節気の節目を気にしながら使えば失敗しません。しかし1月はその例外だったりします。

1月と言えば正月。この正月が時候の挨拶的には厄介でして、正月にちなんだ時候の挨拶が少なからずあります。そして誰しもがはっきりと答えを出せない問題が正月にはあるんです。

「正月っていつまで?」

この問題が曖昧なために、正月にちなんだ時候の挨拶をいつまで使えばいいかという問題があったり、二十四節気の節目で気にしなければいけない時候の挨拶があったりと、1月の時候の挨拶はちょっと面倒くさいですね。

今回はそれらを踏まえて1月に使える時候の挨拶をまとめてみました。

正月はいつまで?

私は正月は1月15日までだと思っています。

ですが、それ以外の意見もありますよね?「成人の日まで」「1月7日まで」というのが別の意見だと思います。

これらを考えると誰しもが納得する答えは・・・。

正月にちなんだ時候の挨拶は1月7日までにしておくのが無難ということになります。

ただ私のように1月15日まで使っても間違いではないです。ただ正月ではないと思っている人への配慮を考えると・・・7日までにしておこうかなと思います。

スポンサードリンク

1月に使える時候の挨拶一覧

冬の景色

この中から適した時期さえおさえておけば大丈夫でしょう。1月の時候の挨拶は正月の部分では少々面倒くさいのですが、気候的な部分ではあまり考えなくてもいいと思います。

1月は例年に比べて暖かいと言ったって、1月は1月なので寒いんですよね。だからどんなに異常気象でも半袖を着る機会はないでしょう。

そういう意味で「寒」「冬」などがどの時候の挨拶は適した時期ならそれ以外は何も考えずに使っていいと思います。

スポンサードリンク