Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

水菜は生で食べれる?生食だと体に害はあることはあるの?


水菜

水菜ってみずみずしさとシャキシャキとした食感が楽しめる食材ですよね。鍋やしゃぶしゃぶでも食べる事が多く、沢山の方から親しまれています。

さて、水菜を食べる時、生で食べている方っていらっしゃいますか。水菜は生で食べる事で体に害があるのか気に掛かりませんか。

そこで今回は【水菜は生でも食べれるのか?】【水菜の生食は体に害があるのか?】についてご紹介致します。

▶ 水菜が何故か苦い!その原因と苦いときにオススメのレシピは?

スポンサードリンク

水菜は生で食べると体に悪いことってあるの?

ポイント

水菜って比較的安価な事もあり、食べられる頻度の高い食材となっています。そんな水菜は生で食べると害があるのか気になりませんか。

まず、水菜って食べるとほんのりとした苦味が感じられますよね。この苦味はイソチオシアネートと呼ばれる苦味成分です

イソチオシアネートはアブラナ科の植物に含まれている苦味成分で、大根やカブといった食材にも含まれているアクです。

このアクは害虫や動物に食べられないようにする為の成分となっていますが、人体に害の無い成分となっています。

また水菜は農薬が使用されていたり、泥が付いているのではと心配になりますよね。

水菜だけでなく、全ての野菜や果物は農薬が使用されて栽培されていますが、厳しいチェックが規定が定められているので、農薬が残っていても人体に大きな被害はないので安心して食べる事ができます。

また、泥が付いている場合もありますが、流水で洗う事で問題無く食べる事ができます。

スポンサードリンク

生で食べる時に注意すべきこととは?

水菜を生食で食べる時は、流水でしっかりと洗う事で農薬や泥、汚れを落とす事ができます。

水菜は生だと苦かったりえぐみがあったりする?対処法はないの?

水菜を生で食べると苦かったりえぐみがあったりしますね。これでは生食で美味しく食べる事ができませんよね。

しかし、そんな時の対処法もしっかりとあるのです。

それは水に浸しておく事です。水菜の苦味成分であるイソチオシアネートは水に溶けやすい成分となっています。

適当な大きさにカットし、しばらく水に浸す事で苦みやえぐみが緩和されます。

水菜は生で食べたほうが栄養価が高い?加熱した水菜との違いは?

ポイント女性

水菜は生食でも食べる事ができますが、生で食べた方が栄養価が高いのか気になりますよね。

まず、生で食べる事でビタミンCを多く摂取できます。ビタミンCは熱に弱い成分なので、生の方が多く摂取する事ができます。

ただ、水菜には免疫力アップや高い美肌効果が得られるβカロテンが多く含まれています。βカロテンは油との相性が抜群で、油炒めにするとより吸収率をアップさせる事ができるのです。

生で食べた方が多く摂取できる成分もあれば、加熱させた方が摂取できる成分も含まれているのです。

あとがき

水菜は生でも食べる事ができる食材となっており、苦みが感じられる事もあります。しかし、この苦味成分は体に害の無い成分となっているので一安心ですね。

また、水菜は生で食べても加熱しても優れた栄養を摂取できる食材となっているので、積極的に食べて欲しい食材となっています。

▶ 水菜が嫌いな子供って意外と多い?苦手でも食べられるレシピは?
▶ 水菜が変色して茶色くなってたり黒い点がある時は食べてもいい?
▶ 水菜と言えばサラダ派?鍋派?それ以外にもオススメのレシピは?

スポンサードリンク