Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

レンコンの冷凍保存はできるの?生のまま?調理してから?


レンコン

天ぷらさやきんぴら、煮物とさまざまな料理で食されているレンコン。シャキシャキっとした食感がクセになり、箸が止まらなくなってしまいますよね。

さて、レンコンを使い切れない時「冷凍保存はできるのだろうか?」と疑問を感じてしまう方もいらっしゃいますよね。

レンコンの保存を冷蔵庫で行っている方が多くいらっしゃいますが、冷凍保存はどうなのか気になりますよね。

そこで今回は【レンコンは冷凍保存できるのか?】【冷凍する場合は生のまま?調理してから?】についてご紹介致します。

▶ レンコンが縁起が良い食べ物と言われる理由は?

スポンサードリンク

レンコンは冷凍保存ができるの?

悩む

まずレンコンの保存ってどのようにされていますか。全く切ったりしていない丸ごとの状態だと常温保存。切ったりスライスしていると冷蔵保存している方が多いと思われます。

では、冷凍保存は?となりますよね。【レンコンは冷凍保存可能】です。

冷凍保存させる場合にはスライスしてから変色を防ぐ為、酢水に浸し、しっかりと水気を拭き取ります。そして、フリーザーパックに入れると1か月程の保存が可能となるのです。

冷凍したレンコンって栄養価は落ちるの?

冷凍する事で生の状態よりも栄養価が落ちてしまうのか気になりますよね。レンコンを切ると表面が茶色く変色しますよね。

これはレンコンに含まれているポリフェールの酸化によるものです。

スライスしてから酢水に浸す事で、ポリフェノールの流出を防ぐ効果にも繋がる為、しっかりと酢水に浸してあげる事で栄養価の低下防止にも繋がるのです。

冷凍したレンコンって食感が悪くない?

冷凍すると食感が悪くなってしまうのでは?と感じる方もいらっしゃいますよね。レンコンはシャキシャキとした食感やホクホク感が魅力の食材です。

冷凍する事で、食感は少し衰えてしまいますが、完全解凍せずに使用する事で、食感の衰えを緩和する事ができます。

冷凍する事で日持ちを長くする事はできますが、食感が悪くなってしまう事は仕方が無い事となりますね。

冷凍は生のまま保存するほうが良いの?調理してから保存するほうが良いの?

レンコン

レンコンを冷凍保存させる場合は生のままが良いのか?調理してからが良いのか?という疑問を感じてしまいますよね。

答えは【どちらでも大丈夫です】。

生のままは勿論、茹でたりしてから冷凍すると加熱の必要がなく時短にピッタリとなりますよね。きんぴらにしてから冷凍すると、電子レンジでチンするだけでそのまま食べる事もできちゃいますね。

冷凍する時のコツは?

レンコンはさまざまな料理で活用する事ができます。スライスだけでなく、乱切りや摩り下ろした状態でも冷凍が可能となります。

ただ、冷凍前に下処理をしっかりと行わないと変色の原因にも繋がるので、注意が必要ですね。

あとがき

レンコンは冷凍保存可能な食材となっています。生のままでも、調理してからでも冷凍が可能となっています。

使用用途に合わせて、冷凍保存させると料理時短にも繋がり忙しい主婦に大助かりとなりますね。

▶ 土付きレンコンの保存方法は冷蔵?冷凍?土に埋める?
▶ レンコンが黒く変色してしまった!その原因と防止策は?
▶ レンコンが紫色や赤色に変色してしまう原因は?食べられるの?
▶ レンコンって喉にいい?咳が出る時のおすすめのスープは?

スポンサードリンク