Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

土付きレンコンの保存方法は冷蔵?冷凍?土に埋める?


レンコン

出典:https://chefsclip.me/yasai/entry-1458/

レンコンってどんな料理でも美味しく味わえる万能食材ですよね。

きんぴらにするとシャキシャキ感、煮物や天ぷらにするとホクホク感と調理法によって食感が異なるのも醍醐味となっています。

さて、レンコンを丸ごと購入すると土が沢山ついていますよね。「どうして土がついているの?」と疑問を感じる方もいらっしゃいますよね。

それは保存期間が大きく関係しているのです。

そこで今回は【土付きのレンコンの保存方法とは?】【土に埋めると長持ちする?】について触れてみたいと思います。

▶ 蓮(ハス)とレンコンの違いを考察してみました

スポンサードリンク

土付きレンコンと普通のレンコンどっちの方が保存期間が長いの?

ポイント

レンコンが土付きで販売されている光景を観かけた事がある方は多いと思われます。実はレンコンは土が付いている方が保存期間が長いのです。

どの位保存期間が違うのかと言えば【普通のレンコンは1週間程の保存期間】。そして【土付きは1か月程の保存期間】となるのです。

たった土が付いているかいないかでこんなにも保存期間に影響を与えるのですね。

土が付いたレンコンの保存方法はどうするのが最適?

ポイント

レンコンは土付きがより保存期間を長くさせる事ができますが、冷蔵保存なのか?常温保存なのか?となりますよね。

土付きのレンコンは新聞紙で包んで冷蔵庫で保存させるのがオススメとなります。特に野菜室がベストと言えますね。

土を洗っちゃうと保存期間が短くなるって本当?

それは、土が付いている事で乾燥を防ぐ働きとなっている事です。レンコンは乾燥にとても弱い食材です。土を纏っている事で、外気からの乾燥を防ぐ役目になっているのです。

その為、土を洗ったレンコンはスライスや使い易い大きさにカットし、フリーザーパックに入れて冷凍保存させると長く保存させる事ができます。

ただ、冷凍保存させると風味や食感が衰えてしまいます。

土付きレンコンをそのまま庭の土に埋めると長持ちする?

ポイント女性

土付きのレンコンを土に埋めておくとより長持ちすると言われています。土は保湿性と保温性のバランスが整った環境となっており、土に埋めると長く日持ちさせる事ができるのです。

これはレンコンだけでなく、根菜類全てで活用できる方法となっています。また土に埋めると言ってもスコップで大きな穴を掘る必要はありません。

ちょっとした庭先やプランターにて土で覆うだけで十分です。

あとがき

レンコンは土付きが最も長く保存できる状態となります。

土を落としてしまった場合は、冷凍保存が長く保存できる方法となりますが、美味しさが半減してしまうので注意が必要ですね。

もし、お庭やプランターがあるご家庭であれば、土に埋めるとより長く保存できるので、是非この方法を活用してみてください。

▶ レンコンが縁起が良い食べ物と言われる理由は?
▶ レンコンが黒く変色してしまった!その原因と防止策は?
▶ レンコンが紫色や赤色に変色してしまう原因は?食べられるの?

スポンサードリンク