ヨーグルトを夜食にすると太る?それとも痩せる?

ヨーグルト

腸内環境を整えてくれるヨーグルトは毎日のように食べられている方も多くいらっしゃいますよね。さて、ヨーグルトは夜食べるとヨーグルト効果が高く得られると言われていますよね。

でも、ヨーグルトは脂肪分が多い食品。少し小腹が空いたなんて夜食にヨーグルトを食べると太ってしまうのでは?と感じてしまいますよね。

今回は【ヨーグルトを夜食にすると太るのか?痩せるのか?】という事についてご紹介致します。

▶ ヨーグルトのみを朝食にすると実は太るというのは本当?

スポンサードリンク

ヨーグルトを夜食にすると太るというのは本当?

体重計

ヨーグルトはくちどけも良いし、消化も良さそうだから太らないと感じてしまいますよね。しかし、ヨーグルトを夜食にすると太ってしまう恐れがあります。

夜食を食べた後は「寝る」という行動だけしかなくなり、カロリー消費がほとんどありません。ヨーグルトは脂肪分が多く含まれている食品です。

夜食にヨーグルトを食べると、脂肪分を燃焼するだけの運動がほとんど行われないので、太りやすくなってしまうのです。

さらに、ヨーグルトの無糖タイプであれば、単に脂肪分だけの摂取となりますが、甘いヨーグルトである加糖タイプは糖類が使用されており、より太ってしまう原因に繋がります。

この事から、夜食にヨーグルトを食べると太るという事が言われています。

スポンサードリンク

いやいや、ヨーグルトを夜食にするのはダイエット向き!痩せるという意見もある?

OKをする女性

ヨーグルトを夜食にすると「ダイエット向き」という方もいらっしゃいます。腸が最も活動する時間帯は「22時~翌朝2時」と言われています。

ヨーグルトには腸の働きを活発にする働きがあり、この時間帯にヨーグルトが消化されると排便を促進する効果が高まり、便秘解消やダイエット効果を期待する事ができます。

さらにヨーグルトの乳酸菌には新陳代謝をアップさせる働きがあり、より高いダイエット効果が期待できるのです。

私の意見は?

ポイント女性

私の意見は【夜食のヨーグルトは痩せる】ですね。

ヨーグルトは夜に食べた方が、高い効果を期待する事ができますし、夜にヨーグルトを食べると朝が毎日快便になりスッキリした心地よい朝を迎えられます。

ただ、ヨーグルトを夜食として食べる際に気を付けている点があります。

まずは「低脂肪」です。ヨーグルトは脂肪分が多く含まれているので、なるべく低脂肪をチョイスしています。

そして「無糖タイプ」です。いくら、ヨーグルトを夜食に食べると痩せる効果があると言われていても、砂糖を入れて甘くしてしまえば、太る要素に繋がってしまいます。

ヨーグルトを夜食で食べる時は低脂肪や無糖タイプにすると、痩せる効果が得られると思っています。

夜ヨーグルトを食べると安眠できる?

ヨーグルトに含まれているタンパク質には安眠効果となるメラトニンが含まれています。

痩せる効果もありながら、安眠も期待できるヨーグルトは夜食にピッタリと言えます。

あとがき

ヨーグルトを夜食にすると太るとも言われていますが、痩せる要素もしっかりと含まれています。

ただ分量やタイプ、無糖といった事に配慮しなければ、太る原因に繋がってしまうので、十分に注意する事が大切ですね。

▶ あなたはヨーグルトが好き?それとも嫌い?その理由は?
▶ プレーンヨーグルトには塩分が含まれているの?減塩効果はないの?
▶ ヨーグルトは加熱すると乳酸菌が死滅して効果がなくなるのは本当?
▶ ヨーグルトは酸味がある原因は?抑えるためにはどうすればいい?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください