大根が変色している!その原因と食べられるかどうかを調べてみた!

大根

真っ白な色が食欲をそそる大根ですが、意外と変色していることが多い野菜です。

大根が白色以外の色になっていると、びっくりしてしまいます。しかしそれぞれの変色の種類と原因を知っておけば、きちんと対処することができるでしょう。

ここでは、「黒色」「透明」「茶色」「青色」「赤色」に変色した場合をまとめてみたいと思います。

ユミ

大根が普段と違う色をしていたら食べられるか不安になってしまいますよね?徹底的に調べてみたので是非参考にしてみてください。
大根大根は栄養的には生が一番?期待できる効能とおすすめの食べ方は?

スポンサードリンク

大根の変色について

大根

大根が黒く変色している場合

大根の切り口や皮が黒色になっている場合は、土壌の菌が原因である「大根バーティシリウム黒点病」であることが考えられます。

味は落ちますが食べることはできます。また「黒カビ」である場合には食べることができません。詳しくはこちらをチェックしてみてください。

大根大根を切ったら黒い!その原因と対処法を考えてみる!

 

大根の切り口が透明になっている場合

大根の切り口が透明になっている場合は、保管状態により起こる水晶現象であることが考えられます。味は落ちますが食べることはできます。詳しくはこちらをチェックしてみてください。

大根大根の断面図が透明?食べても大丈夫?なんで茹でると透明になるの?

 

大根が茶色く変色している場合

大根が茶色になっている場合は、鮮度が落ちていることが原因であったり、「赤芯症」「黒芯症」という生理現象であることもあります。

また、大根に含まれるポリフェノールが関係していることもあります。食べることはできますが味は落ちてしまいます。詳しくはこちらをチェックしてみてください。

大根大根が茶色い!その原因と対処法をまとめてみました!

 

大根が青く変色している場合

大根の切り口が青色のなっている場合は、青あざ症という生理現象であることが考えられます。食べることはできますが、苦味を感じます。詳しくはこちらをチェックしてみてください。

青い大根大根が青い!その原因と対処法をまとめてみました!

 

大根が赤い!

赤い大根を見かけたことはありますか?実は赤大根、紅大根という大根があります。サラダや漬物にするととても華やかになる大根です。

ピンク色、赤色、紫色など、様々な種類があります。赤っぽい色の大根の場合には、何か問題があって赤くなっているわけではなく、赤い種類の大根だと考えられますね。

二十日大根赤い大根の種類一覧!普通の大根と栄養価が違う?

 

スポンサードリンク

売っている大根が変色していないか見分けるコツはないの?

スーパーマーケット
大根は様々な理由から変色してしまいます。食べられるケースも多いのですが、できればそのような変色した大根ではなく、きれいな白い大根だけを買いたいですよね。

売っている大根が変色していないか確実に見分けるコツは1つだけと言えます。それはカットされている大根を買うことです。

大根の変色の多くは内側にあるので、1本丸ごとの状態の大根だけを見て判断するのは非常に難しいのです。葉っぱの状態を見る方法もありますが、確実なのは断面が見える状態の大根を買うことです。

カットされていると鮮度が落ちているのではないかと心配される方もいると思いますが、しっかり密封されているものであれば心配ないでしょう。

大根が変色しないように防止するコツってあるの?

レシピ

大根が変色する原因として保存方法が挙げられます。せっかく真っ白な大根を買ってきても保存方法が悪いと変色してしまうのです。

大根は5℃以下の場所で保管することが大切です。常温保存ではなく、冷蔵庫保管を守りましょう。また買ってきた大根をそのまま冷蔵庫に入れるのはあまりお勧めできません。

まず葉っぱがついたままだと、葉っぱに栄養が流れてしまうので、葉っぱは切っておきます。大根本体を新聞紙で包みビニール袋に入れてから冷蔵庫に入れましょう。

その際、大根が土に生えているのと同じ状態にするために、立てておくようにしてください。1本のままで立てておくのがベストですが、スペースがない場合には半分に切っても大丈夫です。

このような保存方法をしていれば、変色を防ぐことができるでしょう。

大根を変色させないコツは?
  • 常温保存をしない
  • 葉っぱは切る
  • 新聞紙に包んでビニール袋に入れてから冷蔵庫に入れる
  • 大根を立てておく

変色を防ぐためには冷凍庫保存がおすすめ!

大根を1本丸ごと買ってきても、なかなか使いきれないものです。そして時間が経って変色してしまうことも少なくありません。

大根の変色を防ぐためには、すぐに使わない部分は冷凍庫保存するのがおすすめです。

生で食べる時には食感が変わってしまいますが、炒め物や煮物の場合には冷凍した大根も美味しく食べることができますよ。

使いやすい大きさに切っておけば、そのまま調理に使えるので便利です。ジップ付の保存用袋に入れて冷凍してください。

また、大根おろしを冷凍するのも良いでしょう。使う分だけラップに包んで冷凍しておきましょう。

あとがき

変色している大根を見つけると、食べるのが心配になってしまいますよね。

しかし、どうして変色するのか、食べられるのか食べられないのか、しっかり理解しておけば落ち着いて対処できますね。また、変色させないための工夫も必要です。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください